夏目漱石「吾輩は猫である」

24 views夏目漱石
0

吾輩は猫である。名前はまだない。

どこで生れたか頓(とん)と見当がつかぬ。何でも薄暗いじめじめした所でニャーニャー泣いていた事だけは記憶している。吾輩はここで始めて人間というものを見た。しかもあとで聞くとそれは書生という人間中で一番獰悪(どうあく)な種族であったそうだ。この書生というのは時々我々を捕(つかま)えて煮て食うという話である。

AnsPress Demo Changed status to publish 7月 26, 2021